こちらは有料動画です!全500時間超の動画が有料登録すると即見放題

今すぐ会員登録する

ビジネスを一番簡単に伸ばす最強コンセプト戦略的互恵関係

  • 講師伊藤 健太
  • 第1回

【講義概要】

・戦略的互恵関係の基本&応用の考え方
・自分の動きの中でシェアリングエコノミー
・いかに自社クライアントの力を借りて、商品やサービスを宣伝していくことができるか
・最新版の口コミ戦略、アンバサダーマーケティングについて

 

【講師プロフィール】

株式会社ウェイビー代表取締役
/TERACOYA 主催

病気をきっかけにし、小学の大親友4名と23歳の時に、全くの経験なし、資本金5万円で起業。7か月売上0の状態が続き、どん底を経験。起業家が陥るある構造的な問題に気がつき8か月目以降、順調に売上が出るようになる。
約6年が経ち、年間起業応援数3,000社以上となり、国内屈指の起業の応援家となる。伊藤個人としてベンチャー投資も4社に渡る。
起業に関する著書が23歳での出版を皮切りに、既に6冊(現在執筆含む)、NHK、各種新聞、メディアなど多数出演。
2016年10月には、世界経済フォーラムの33歳以下のコミュニティーである、グローバルシェイパーズに選抜される。
年間200回以上、起業をテーマに講演もこなす。

 

【サマリー】

★戦略的互恵関係を築くことで、ビジネスリソースを効率的に拡大する。

ビジネスは「商品力」と「販売力」が両方揃うことで成り立っているが、それが不足している場合、自社のみでそろえるのではなく、

外部のリソースを活用することが可能だ。それを「戦略的互恵関係」と呼ぶ。

販売力がなければ、販売力がある企業と連携を取れば良いし、

商品力がなければ、商品力がある企業と連携を取れば良い。

★「戦略的互恵関係」で大事なことは、互いにメリットがあり、連携に複雑な負荷がかからないこと。

ほとんどの「戦略的互恵関係」が失敗に終わっている。その理由は、互いに十分なメリットがなく、連携が複雑か難しい場合だ。

「戦略的互恵関係」と言葉にあるように、しっかりとお互いにメリットがあるビジネス関係性をもてるように実行しよう。

マーケティング基礎

もっと見る