こちらは有料動画です!全500時間超の動画が有料登録すると即見放題

今すぐ会員登録する

【第2回】経営とマーケティング、価値を徹底的に深掘りしてみる

  • 講師伊藤 健太
  • 第2回

【サマリー】

【7ヶ月間売上が出なかったわけ】

どうしても自分の力で素晴らしいサービスを世に出そうという「驕りとプライド」があったことと、頭の中で「仮説を立ててはダメだ」とすぐ諦め、ビジネスの深堀をせず行動に起こさなかったことが原因です。

会社の役割とは大きく2つあります。

①商品サービスを創ること

②販売すること

当時は全て自分で行おうとしていましたが、商品サービスを創ることを諦めて販売することにコミットし、結果として事業を成り立たせることができました。

 

【サービスづくり・販売のポイント】

サービスづくりにおいて大事なことは、まず「シンプルに考える」ことです。他社のサービスを体験し、そこに問題や課題はないか。次は良いサービスは真似をすること。そして最後に、他社よりも良いサービスを行うことです。

販売において大事なことは、「スピード」「安さ」「分かりやすさ」です。顧客にとって良いサービスとは何なのかを考え、それらを実践していきましょう。

また前提として、他社を上回る努力を惜しまないことです。

 

【成功するマインドについて】

まず「売上」についての捉え方ですが、「顧客からの評価、感謝の量」と考えましょう。売上が上がれば上がるほどあなたは支持されているということであり、その売上を次の顧客に良いサービスを提供するための資金としましょう。

また、自分の付き合う人を客観視しましょう。自分がいる環境があなたを形作っているので、環境を変えて自分を変えましょう。

最後に自分の人間、ビジネスマンという役割について理解しましょう。例えば、自分を士業という枠にはめてしまうと、あなたのできることは一気に減ってしまいます。人間という枠で捉えて、あなたが顧客に提供できる価値を考えましょう。

 

【戦略、行動、改善の優先順位が飛躍を決める】

①改善②行動③戦略の順番で大事となります。勉強ばかりして頭でっかちになっては、本当の顧客の声を聞くことはできません。

どうしたら最短最速で顧客の問題解決をできるかを考えるようにしましょう。

また、大きな夢を持つことで他社と差別化をしましょう。企業の理念や存在の意味をは、顧客に選ばれる大きな要素となります。

なんのために会社を設立したのかを考え、大きな夢(企業理念)をつくりましょう。

 

【価値と価格の関係についての補足】

「他社より安い」というような相対的な価値だけではなく、「他社が持っていない」絶対的な価値を持ちましょう。

そのためにも目先の売上でなく、「この顧客と一生付き合っていく」という時間軸で売上を考えて価格設定をしましょう。

結果としてサービスを使ってもらうことで、新しい価値提供ができるようになります。

 

【一番大切なポイント】

自分は最後に得をすればいいと考えましょう。まずは「どれだけ顧客の利益に貢献できるか」を実質的な意味で考えることです。

また他者が提供できないような価値を提供するために「*KPI」を定めましょう。時としてKPIは売上以上に重要なものになります。KPIを達成していくことで新しい価値が創造され、それを徹底的に磨くことで絶対的な価値を持つことができます。

*KPI:目標の達成度合いを測る定量的な指標

 

【価値】

価値は理念から出てくるものです。理念なき企業は弱く、顧客からも選ばれません。

最高の企業の形態を考え、それに近づけるように努力をしましょう。

伊藤コンテンツ

もっと見る
期日:
所要時間:

こちらは見放題コース限定の機能です!

今すぐ会員登録する