「伊藤対談」伊藤健太×愛宕 翔太 「起業の品質-勝ち残る起業家が大量行動の末に見つけた起業家の行動の品質-」

  • 第1回

・起業とは一体なんなのか?
・起業とは「生きること」そのもの。自然体を志向する
・人生が楽しいことのほうが起業より重要
・起業のうまくいく、うまくいったは、時間軸をどう捉えるか?で変わるという話
・今起きた失敗っぽいことを、長い目でみて成功に変えられるかという話
・失敗とは?何なのかをしっかりと数字面で書き出してみる
・リスクヘッジ=どうなったら、どうなるのか?を冷静にルールっlを決める
・100メートルでなく120メートル走るという目標設定
・起業において重要な、負けても勝つ目標設定
・ダメならダメで仕方ないという言い分けをしない素直さ
・世の中は変わっていくので、結局は自分の変化=成長を追いかけるべき
・どうやったら起業はうまくいくか?を考えた時点で失敗!?
・失敗の耐性をさっさとつけてしまう話


愛宕 翔太

コデアル株式会社 最高経営責任者(CEO)

長崎県長崎市出身。
青雲高等学校にて、高校3年時に囲碁部主将を務め全国高校囲碁選手権大会全国大会出場

2007年、東京大学文科二類に進学。
大学2年時は、東京大学・東京大学三四郎会との共同プロジェクト「知の創造的摩擦プロジェクト」に関わる東大公認学生団体「東大ドリームネット」において語る会のマネージャーを務める。
この時の、知の創造的摩擦プロジェクトとの関わりから、志高く、起業家として生きることに憧れ、起業家として生きることを決意する。
大学3年時からは、旧東京大学産学連携のスタートアップ「リッテル」(現在は株式会社ライフルに譲渡)にて仕事を始め、大学4年次はそのまま社員になる。
同時に働きながら、ミクシィ創業者も在籍していた、新宅純二郎教授のゼミ生として、
MOT (技術経営) を学ぶ。2011年、東京大学経済学部経済学科卒業。

買収先の東証一部上場の株式会社ライフルリッテル研究所に入社。
入社2年目で、株式会社ライフル新規事業部門にて、新卒採用仲介Webサービス『メンターズnet』を企画・実装(現在はサービス提供終了)。
その後退社。

2012年8月9日、コデアル株式会社創業。
2016年、エンジニアインターン、エンジニア就活を事業譲渡
による軍資金を全額投下し「働くをもっと自由に」のビジョンを込めた「CODEAL」のサービス立ち上げ現在に至る。

Twitter( @shotaatago )、ブログでは、
「働くをもっと自由に」のビジョンとともに、採用、働き方を支援するためのノウハウや日々の思いを発信中。

 

伊藤コンテンツ

もっと見る
期日:
所要時間:

こちらは見放題コース限定の機能です!

今すぐ会員登録する