こちらは有料動画です!全500時間超の動画が有料登録すると即見放題

今すぐ会員登録する

高速PDCAを実現する月次モニタリングの仕組み

  • 講師青木 想
  • 第1回

【講師プロフィール】
慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、 新卒で株式会社リクルート(現リクルートマーケティングパートナーズ)に入社。
計数管理、事業戦略立案から法務、総務業務、サイト設計など、リクルートの企画職を全て経験。
入社3年目と6年目に出産をし、キャリアの半分以上をワーキングマザーで過ごす。
離婚を機に、一度しかない大切な人の、大切な人生に、自分が直接役に立てるような仕事をしたいと思い、全く畑違いのフルコミッションの外資系金融機関の営業職へ転職。
初年度新人コンベンションで1387人中3位、女性営業マン1位を獲得。

 

【サマリー】

★事業のモニタリングを行い、KGI/KPIの達成に対して経営状況と事業の進捗状況を把握することができる。

事業のコンディションを正しく把握し、日々の素早いアクションの修正と改善に繋げよう。

モニタリングは仕組み化がとても重要で、問題の早期発見を可能にするのに十分な頻度と粒度(事業における最小の経営判断の単位)を設計したモニタリングにしなければならない。

また、モニタリングで抽出されたデータは分析しなければならないが、数字に仮説とその検証を行う必要がある。

結果に対して正しい分析と原因把握をし、とるべきアクションに繋げよう。

そして、アクションは必ず「責任の所在」と「デッド」を決めることで、はじめてモニタリングの効果を有効活用できるようになる。

 

その他

もっと見る