成長著しい女性士業に学ぶ事務所経営術

  • 講師伊藤 健太
  • 第1回


【登壇者プロフィール】

ついき社会保険労務士事務所 所長
築城 由佳

大学卒業後、芸能プロダクションのタレントマネージャーを経て、社労士資格を取得。
合格後は社会保険労務士法人に勤める。
その間離婚と再婚を経験し、1児の娘を持つ。再度離婚をし、シングルマザーとなる。
生まれ育った大阪へ移り、2016年4月に独立開業。
シングルマザーとその子どもたちの幸せを広げる活動のためのコミュニティを立ち上げる。

 

司法書士事務所fine 所長
立石 和希子

『成功とは何か?=稼ぐこと』と思い、得意分野を極めて目的を達成しようとする。
その結果、勉強によって稼ごうと考える。
21歳で司法書士最年少合格を果たし、24歳で司法書士事務所を開業。現在開業4年目、スタッフ2名。
現在では結婚もし、大切なスタッフも抱え、ずいぶん丸くなる。『成功とは=稼ぐこと』のような単純な考えはなくなり、厳しく育ててくれた両親には感謝している。

 

吉田美緒 行政書士事務所 所長
吉田 美緒

「どうやったら1番注目されるか」ということだけを考えて、幼少期・思春期を過ごす。
高校時代は、「GAPのあるGAL」になる。
ただし、遊びすぎた代償で志望大学に落ちる。
学歴では生きていけないと確信し、行政書士資格を取得する。
平成27年、吉田美緒行政書士事務所開業する。
税理士の父、社労士の姉と共に地域で唯一無二の事務所を造ろうと日々奮闘中。

港国際社会保険労務士事務所 所長
近藤由香

大学卒業後、損害保険会社勤務時代に損害保険代理店と関わる中で中小企業では就業規則が整備されていない現実、離職率の高さに直面。企業が発展するには企業理念・それに基づく教育、働きやすい制度が必要と考え、在職中に社会保険労務士を取得。その後社会保険労務士事務所にて代表社員。 東京都内で、社労士事務所を新設し、同時にワークライフバランスについての相談業務専門の「株式会社 港国際ワークスタイル研究所」を設立。

現在はワークライフバランスコンサルタント、社会保険労務士の資格を活かしながら、企業の”ホワイト化”・企業変革を中心に活動中。

伊藤コンテンツ

もっと見る
期日:
所要時間: