地方進出・地方展開で稼ぐ」逆張りの地方起業論

  • 講師伊藤健太 柴田義帆
  • 第1回

株式会社ウェイビー代表取締役 伊藤健太とのどけや 代表 柴田義帆氏による講演と質疑応答、更に美馬市で行われるUDATSUプログラムの説明会で構成されています。

前半セッションでは、株式会社ウェイビー代表取締役 伊藤健太による「地方への事業展開で生まれるチャンス-事業承継M&A・地方資源の積極活用、サテライトオフィス開設による圧倒的メリット-」をテーマに講演いたします。
 

商売をする上で、稼いでいる企業も多い都市部での事業展開・営業を検討することは定石です。
 

しかしその一方で、"地方に目を向ける"ことで、得られる多数の圧倒的なメリットについて、これまで起業家の皆さんが知る機会はほとんどありませんでした。

 

そこで、この2年間様々な地方自治体、地方で活躍する起業家に会ってきた株式会社ウェイビー代表伊藤健太が事例とともに「地方への事業展開のススメ」を語ります。

 

後半セッションでは、実際に徳島県美馬市で活躍する起業家、のどけや 柴田義帆氏による事業説明・美馬市での活動について講演いただきます。

 

美馬市へのIターン直後に開業したゲストハウス(のどけや)の運営を通して、Airbnbというシェアリングエコノミーの衝撃を受ける。


当時Airbnbが日本語対応していないときから、外国人ゲストに英語対応を行っていたため、"のどけや"には世界中からエンジニアやクリエイターが訪れることが多かった。

その後、彼らとWEBサービス立ち上げを検討し始める。

近年、シェアリングエコノミーを軸にしたWEBプラットフォームの開発や、シェアリングタウンを目指して工場・古民家改修工事を次々と着手している。

【講師プロフィール】

----------------------

株式会社ウェイビー

代表取締役社長 伊藤健太

----------------------

慶應義塾大学卒業後、大学3年時にリクルート主催のビジネスコンテストで優勝し、23歳病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。 7年間で、年間3,000件を超える起業に関わるようになる。

・日本最大規模の起業イベントに成長、累積4,000人以上が参加「TERACOYA」主宰

・日本最大の起業のポータルサイト「助っ人」運営  UU15万 月間相談件数500件超

2016-17年にオウンドメディア「スケダチ」、グループ会社1社を他社に売却。

ベンチャー投資にも力を入れており、10社超の投資を実行。 世界経済フォーラム(ダボス会議)のU33の若手リーダーとして日本代表に選抜。 元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」と「成功する起業家はこう考える」など著書5冊を出版。

NHK、CCTV、日経新聞、夕刊フジ、日刊工業新聞などメディア出演も多数。

京都大学、福岡大学、商工会、経営者団体など年間250回以上の講演もこなす。

 

----------------------

株式会社ウダツアップ 代表取締役社長

一般社団法人 ハンモサーフィン協会 代表理事

合同会社 ゼロイチ舎 代表社員

のどけや 代表 柴田義帆

----------------------

1974年大阪生まれ。

26歳で大阪の中心部アメリカ村にてライブハウス事業とビルのサブリース事業をしながら様々な音楽活動で海外25カ国以上のツアーやフェスを経験。

約二十年間の音楽生活を経て、徳島県美馬市脇町に移住しゲストハウス"のどけや"を2014年7月にオープン。

後に2015年8月に"うだつの町並みに"うだつゲスハウス"のどけや別館"をオープン。

そして、同年、"日本中・世界中で共遊拠点(別荘)を作ろう"をテーマに、一般社団法人ハンモサーフィン協会を設立し代表理事に就任。

現在では四国を中心に様々な拠点を確保し世界中の拠点を共遊別荘にするプロジェクトを目指して活動している。

2017年12月に株式会社ウダツアップを設立し、有休資産を共遊するのに先駆けて自社開発の"世界中の全ての土地でキャンプしよう!"をコンセプトに「landcamp」を2018年4月にローンチ。

また、別法人、合同会社ゼロイチ舎でも、"世界中でユーモア溢れるBBQ&鍋体験"をコンセプトに「NABEQ」を2018年7月にローンチ予定。

既にプロトタイプ化している10以上近くのシェアリングエコノミーサービスを今後続々ローンチ予定でその他ベンチャーサポートとしてインキュベーターとしても活動を行い徳島県美馬市でのウダツバレー構想を掲げる。

その他

もっと見る
期日:
所要時間:

こちらは見放題コース限定の機能です!

今すぐ会員登録する