こちらは有料動画です!全500時間超の動画が有料登録すると即見放題

今すぐ会員登録する

【顧客を虜にするコンセプト】の破壊力・創造力

  • 講師西村佳隆
  • 第1回

【チャレンジャーズ】
日程:2017/3/6
会場:東京
講師:西村桂隆
講義:【顧客を虜にするコンセプト】の破壊力・創造力

 

【サマリー】

【デザイン思考とは】

デザイン思考とは、世の中の未解決の問題を解決する新しいモノ/サービスを生み出すためのフレームワークのことを指します。

既存の企業は提供するベネフィットをどれだけ優れたものにするかに着目しすぎているため、延長線上の戦いとなっているが、戦う土俵やビジネスモデルを変えたり、そもそもベネフィットを変えることによって、結果的に競合より優位な位置に立てることができます。

※例

多くの美容室は技術に捉われがちだが、10分カットのような時短カットや、美容師のためのプラットフォーム施設、カットモデルマッチングサービスなどは、技術ではなく違うベネフィットで優位性を持っている。

 

【イノベーションよりリノベーション】

いきなり大きな革新を生み出そうとするのではなく、小さな革新「コンセプト」から変えていくことで、大きな失敗を負う事なく成功することができます。

 

【どうやってコンセプトを創るの?】

常識の枠を取り外すために一旦上位概念から考えて「抽象化」をすることで独自の魅せ方ができます。

その「抽象化」された概念からアイディアを「具体化」していくことで斬新な発想を生むことができるのです。

 

【コンセプトを変えてリノベーション】

”発想”や”コンセプト”レベルの試行錯誤は大いに実施されるべきであり、そのためには、どんどん発想できる環境と突飛な意見が許される雰囲気が必要です。

 

【ラテラルシンキング】

ロジカルシンキング(論理的思考)とは反対の概念で、前提などを考えずに斬新でユニークな発想でアイディアを生み出す方法です。

世の中にはデータが溢れかえっており、そのデータから導き出される結論は全て同じになってしまうために、ラテラルシンキングのような考え方がイノベーションを起こすのです。

マーケティング基礎

もっと見る