こちらは有料動画です!全500時間超の動画が有料登録すると即見放題

今すぐ会員登録する

「絶対無理!から大逆転 ゼクシィ誕生ストーリーから学ぶ仕事術」

  • 講師渡瀬ひろみ
  • 第1回

【講義概要】

リクルート内で却下され続けていたブライダル事業が、今や売上500億円。現場ヒアリングから構造的な課題を発見し、ゼクシィ創業まで牽引した経験から、事業開発、マーケティング、経営のエッセンスを語ります。

 

【講師プロフィール】

株式会社アーレア 代表取締役
マックスバリュ西日本株式会社 社外取締役
株式会社ぱど 相談役

1988年京都大学農学部農林経済学科卒、リクルート入社。ブライダル情報誌「ゼクシィ」の生みの親。ブライダル、住宅、ベンチャー支援、クラウドソーシング、ビジネスポータルなどの領域で月刊誌、フリーペーパー、インターネットサイト、イベントなどの新規事業を手掛け、プロジェクト・リーダー、編集長、事業責任者を歴任。2010年3月リクルート退職。同年、新規事業コンサルティングの株式会社アーレア設立。2013年、ベンチャーキャピタルの株式会社トライアムパートナーズ設立。上場企業、ベンチャー企業のコンサルティング経験多数。2014年6月、コンサルティング先の1社である株式会社ぱど 代表取締役社長に就任。2016年5月、マックスバリュ西日本株式会社 社外取締役就任。2016年6月、株式会社パートナーエージェント 社外取締役就任。株式会社ぱど 代表取締役退任、相談役就任。

 

【サマリー】

★可能性に目を向け、極めて現実的に判断し、行動すること

市場規模が小さかったり、たとえ大多数がその事業アイデアを実現できないと言ったり、実現できなかったからといって、その事業アイデアが実現できないということにはならない。なぜその事業アイデアが実現できないのか、現実的に冷静に見極めることで、課題が見える。必要があれば事業領域周辺の調査も必ず行おう。直接観察することで、本当の課題を見つけることができ、解決策が見つかり、素晴らしいアイデアへとつながるかもしれない。

消費者を徹底的に観察することで課題が見え、消費者の⼼に刺ささるサービスを展開することができる。

すると、最終的にはサービスによって⽂化慣習まで変わっていく。
★確信があるのか?覚悟があるのか?を試される時、起業家であれば決めなさい

覚悟を試される時、人は不安の方が強い。それでも強い覚悟で行動できるかどうかを大事にしよう

★新規事業にはリスクを背負ってくれる「親」を見つけろ

やったことがない事業は当然ながら経験不足、情報不足、あらゆるリソースが足りていない可能性がある。

だからこそ、一緒にリスクを背負ってくれる人を見つけよう。

★ブレイクスルーは起きるのではなく、起こすもの 事業実現䛾10ヵ条

1.新しい事業䛾ヒント䛿観察⇆考察から。

2.大切なことは、お客様が教えてくれる。質問でお客様のインサイトにたどり着こう

3.できるかできないかではなく、実現するために何ができるかを考えよう

4.ネガティブなフィードバックが返ってきたとしても、アウトプットしまくろう

5.「自分の目で見た、聞いた」事実があればどんな反対にも自信はゆるがない

6.ひとりでやろうとしないで、仲間をつくろう。社内、社外、お客様にも味方をつくろう。

7.小さな失敗を繰り返し、PDCAを短サイクルでやりつづけることが成功への近道。

8.初期段階の成功は、兆しを作れたかどうかがKPI

9.誰もやったことがないことへのチャレンジは必ず人を成長させる。未来の自分を楽しみに泥んこになる

10.自分自身はエンジンのないヨットのようなものだから、大きく風を受ける帆を張ろう。

その他

もっと見る